茂右衛門さんとの
究極の財布作りも
早よ3度目の打ち合わせ

今日のコーヒーのお供は
バームクーヘンだった!
イェーイイェーイ


象の皮膚みたいだった
12年愛用ベルトも
直してけれと懇願し


お手入れをしてもろて


ファンタスティコなほど
艶を取り戻す

革はお手入れをすれば
長く長く愛用出来る
しかしお手入れしなければ
こんな風になる…と

茂右衛門流アメとムチムチ強め


肝心の財布作りは
一歩進んで立ち止まり
一歩進んで振り返り

サイズや色や革の種類
未来を予測して
ひとつずつ決定させてく作業は
なかなかの難題ですな

私のこの手で何度も掴み
ポケットで出し入れを確認
お札の出しやすさ小銭の見やすさ
全ての項目を
茂右衛門さんと真剣討論

バームクーヘンを食べながら…


少しずつ決まっていくカタチに
ただただ期待と興奮です

次回からは
具体的なカタチを
少しずつ紹介していけるのではと
思っています

今日もお疲れ様でしたと言わず
ごちそうさまでしたと言って
帰ってきました

お腹いっぱいっス


ランキングに参加してます
愛あるポチ!お願いいたします
↓↓