服を買いに行くと娘さんは言う

書いてある意味が
イマイチわかんないから
英語の服は今はやめとく


娘よ
母も同じよ

そして
ジョンソンは言う


そういう娘への影響は
ゆうこの影響であって
あまり良い影響だとは思えない

な…
な…

なんだとーっ!!


誰のせいでこうなったんじゃい!
と心から言いたい

思い返せば十数年前
うら若き母は
好んで着ていた1枚のTシャツがあった

そのTシャツには
可愛らしいイラストと
Hello!
My name is Miss Sunshineと
ポップな可愛らしい文字で書いてあり
かなり気に入って着ていた

しかし
当時若造だったジョンソンが
そのTシャツを見るや否や

お前が噂の
ミスサンシャイン
やったんか!!半笑い

それからは
来る日も来る日も
うら若き母をミスサンシャインと呼び
いじり倒したのよ
くうー!熱中症にさしたろか!

この間その話をしたら
すっかり覚えてなかったジョンソン
この怨み…


当時は書いてある意味は考えなくて
全体の雰囲気で
服は選んでいた気がする

そしてそれからは洋服に書かれた
英語の意味も考えるようになったし
自分が理解出来ない英語のは
控えるようになっていったし
周りの人のも気にするように…

プレイガールなんてことが書いてある
Tシャツを着てた人も知ってるし
BITCH!なんてのも見たことがある
今思えばゾッとしますな

とにかく
ミスサンシャイン事件から
よく意味がわかってないのに
英語の服を着るのが怖くなったのよね
滋賀県一悲しいトラウマだわ…





そして最後に
息子は言う

そんなん何が書いてあってもええやん
気に入ってたら

N.Y. City Boy!!と書かれた
パーカーを着ながら…


いつもいつもありがとうございます
ランキングに参加してます♡
愛あるイイネ!をお願いいたします!
下のイイネボタンをポチッとしてもらうと
ポイントが入ります(´∀`)
↓↓