習慣を変えれば人生は変わる
衣食住ポンコツだった私が実践する
ハードル低き整えの日々を紹介
あなたの暮らし変えちゃいます


もしもお子さん達がお母さんのために
全然欲しくないものを
結構なお金をはたいて買ってくれたとしたら
どんな対応されますか?

山本さんありがとうー( ´∀`)


うちの娘さん
ちょうど一年前の地域の秋祭りで
キーホルダー買ってくれたよ


決して多くないお小遣いで
かーさんにどうぞって

その気持ちが嬉しいから
逸脱した喜び方で受け取りました
(おそらくスマホに付けることはないけども)
うっひょーう!幸せ!
それでええんちゃうかなぁ
怒ったり嘆いたりしないですね

もしも
あまりにもモヤっとする金額だったら
お金のことを一緒に考える機会を
それからたくさん作ると思います
あまりにも浪費だったり
人に借りればいいや〜なんていう
お金に対して軽い価値観は
将来的に危険
私がそうでしたから…えっ
無駄なものに大金を使った失敗経験
そう悲観せず
それに気づかせてくれた出来事だと
私なら切り替えて考えると思う



贈り物やいただきものは
受け取るという行為で
大半の役目は果たしてると思うの

でも
2回3回と続きそうかも!
と察した時はハッキリ言いますね

というのも
昨日は1年ぶりの
地域のお祭りだったのね

玄関で母は娘に
お小遣いは
自分だけに使ってね
母には何も要らんよ♡
という思いを
ハッキリくっきり伝えましたよ

え…もちろん買わへんで…

って言われた気もするけど
ええのええの
やっぱり声に出して
ハッキリ伝えるのがいいと思う
人は察するのは限界がある
話す方が早くて確実に伝わる


そして娘さんは
お土産的なものは
何ひとつ買うことなく
帰ってきたんだけど


お祭りでくじ引きが当たったとかで
大量の食材を持ち帰ってくれたよね
大歓喜の母
それ見てドヤ顔の娘
こういうのは
何回でも嬉しい!

やっぱり声に出して
気持ちを伝えるのがいいと思う

食べ物の恵みは
2回3回と続いて欲しいからな 笑