↑読者登録した?↑


 ↑Instagram↑ 



落ち着いたあとの話をチラリとしよう!



今回の地震で

部屋がめちゃめちゃになった!

なんて悲痛なお声や

棚の上やら中に置いていたたくさんのものが

落ちたり割れたりで

部屋中がもので埋め尽くされてるような

強烈鮮烈度肝を抜かれるような

画像をたくさん拝見いたしました



そんでね

私のところにくるコメントでは

収納を見直さねば…のお声よりも

ものの量を見直さねば…なんてお声の多いこと



私もそう思うさ

そもそも物量を見直せば収納の工夫は不要

何故家族は家事に参加しないのか?それはマキシマムで複雑だから

ものの量が空間のキャパを越えて

管理出来る適正量を越えてるから

収納の工夫が必要になる

メカニズムは実はすっごい単純だったりする




収納の工夫をやめたら

掃除がしにくくなって見た目が気になって

ものの量が気になって手ばなし作業が進むよ



ものの量を見直したら

スペースに余裕が出来て

細かいジャンル分けも不要になって

単純に収納の工夫が要らなくなるよ



物量も収納方法もいい関係性でね

どちらが先でも整うようになってる

ABF217C2-4CC4-4823-BDBF-C8B6F312984B

いつ起こるかわからない災害のことを

常に考えながら過ごすとなると

味を感じにくい

殺伐とした暮らしになりそうだけど

ある程度の危険予知や危機管理は必要

不要なものを手ばなす

それだけで被害は段違いにおさえられるはず



ミニマリストが増える予感ビシビシ…



引き続き

みなさま気をつけて一日をお過ごしください!


ブログランキング・にほんブログ村へ

IMG_1130

michill

ちいき新聞web

ESSE