小学4年生の時に

初めての大人買いの漫画が

ちびまる子ちゃんでした




1巻から5巻まで

ものすごい勢いで読んで

ものすごい勢いで好きになり



6巻からは自分のお小遣いや

母にわがままを言っておねだりをして

少しずつ集めました



まるちゃんは面倒くさがりで

楽したりズルすることばっかり考えてて

時間守れないし忘れ物ばっかり

いいかげんでお調子者でだらしがなくて

どうしようもないところが自分に似てて

子どもながらに

親近感というものを抱いた記憶があります

今でもゼミでは必ずまるちゃんの話をする

それぐらい影響を受けた存在です



まるちゃんには

いいところの方がいっぱいあって

友だち思いで優しくて家族を大切にしてて

希望を持ってて明るくていつも笑顔で

可愛くて可愛くて可愛くて

今までもこれからも大好きです



作者のさくらももこ先生

ご冥福をお祈りします

  


落ち込むのはやめて

笑いたいと思います



大人になっても何度も何度も

抱腹絶倒で読んだ永沢君

もっかい今夜読みます