ものが多い暮らしから

ものが少ない暮らしを経験した私



ものが少なくなったら

要らなくなったことを書くよ!



①掃除の時間

A7D618E6-E2F9-484E-809D-D19A81BC548D

障害物もないガラーンな空間は掃除が楽勝

ものが多かった時から比べたら雲泥の差

正味3分の1くらいになってるな

確実にあの頃よりは掃除が好きさ
あの頃よりはな



②整頓の面倒臭さ

6683572C-8A88-41F1-8FDA-D0B43097411F

整頓は ものを定位置に戻す作業のこと

いつも多くのものが住所不定で

雑多雑多にゴロンして溜まっていったよね

今も

だいたいの場所に雑多に置いておくのは変わらず

でもね

ものが少なくて空間がガラーンだから

収納術とか工夫とかルールとかなくても平気

「置く」のみなのです

確実に収納絶頂期は考えすぎてた

複雑な収納術やってたもんな 笑
もうすでに黒歴史やな



③整理の手間

2CFAA248-7B59-475D-9305-5AFFDB5547EF

あぁ減らさなきゃ!と

迫られるほどものがない

ものが多い時は

要らないものに囲まれすぎてたからなのか

感覚が麻痺して

要るもの要らないものの判断が

さっぱりだったよね




今はわかるよ!

多くのものが大して重要ではないことが




軽やかに生きていきたい私は

もの少なめで

身軽な方がいいらしい(´∀`)


IMG_1130

ちいき新聞web

ESSE