久しぶりに娘の部屋をのぞいたら


もので遭難寸前だった


床には洋服やハンカチや文房具


さまざまなものが散らばっていて


クローゼットは閉まらなくてバッグは散乱…





いや〜


うら若き頃の私の部屋思い出し




片付かないのは
ものが多いからだと思うよー


って言ったら


何をどうすればいいかわからない


って子犬のような眼差しで言うのね





人ってさ


キャパ超えしたら


何から手をつけていいかわからなくなるもんよね







だから


久しぶりに人の片付けを手伝ったよ(´∀`)きゃ




まず


あなたはどんな6年生になりたいの?


って聞いて


勉強が出来てリーダーシップを発揮出来て…
オシャレで人に優しくて…


具体的にイメージしてもらえるまで話してもらう





①使えないものや壊れてるもの着られないもの
つまりはゴミを捨てよう



②理想の未来のあなたが
持たなそうなものは捨てようか



理想の未来のあなたが
持っていそうなものだけ残そうか


この3つを彼女に口頭で伝えただけで

46B8850D-458C-4F96-A8CB-31DB9E1E18DF

1時間くらいで


こんなにものを捨てられて


床にものが何もない状態にして


掃除機も隅々までかけられるようになったらしい






何を捨てるかを明確にするのは本人


その考え方の軸を作るのも本人


話を聞いて理想の未来像を具体化させるだけで


必要なものは決まる






仕事として人んち片付けてた時より


今の方がアドバイスは上手だと思う 笑


今日も良いことがありますように♪