はじめまして、ゆうこさん! このブログ見つけたときは一番最初から見返したほどファンです 文章が面白くて面白くて飽きません^^ 私は4月から新入社員になり、初めての一人暮らしをします 管理できる量を持つ、家事のハードル下げるためにゆうこさんみたいに使い捨てダスターにするなど、いろんな工夫しようと思っていて今から楽しみです! ところで、ゆうこさんは一人暮らししたことはありますか? もしくはゆうこさんがご実家いらしたときは
自室はどんなんでしたか
よろしくお願いします


ありがとうございます(´∀`)






ゆうこさんがご実家いらしたときは
自室はどんなんでしたか?





樹海って感じでした





コレクションの漫画とCDが


それぞれ支え合い


美しく助け合いながら


トーテムポールみたいに


何体も胸元まで積み上がってて


足の踏み場がない。の表現がマジのやつで


メチャ掛けでキャパシティ超えした


ハンガーラックが崩壊寸前で


もはや指でも触れられないギリ状態で立ってて


マジ青木ヶ原でしたね






あの頃は


ホコリと共に我は生きると腹を決めていたからか


逆にアレルギーなしの


強靭な肉体と精神力を持ってました


今思えば


あの状況で健康だなんておかしい


異常な磁場が発生していたのかもしれません


時々


母が中を覗いてきたけど


毎回毎回


嫁入り前とは思えない


娘の荒れ狂う部屋に慌てふためき


村一揆でも起こしたの?みたいな


絶望的な顔してましたね


そして


洋服ドカ盛りベッドで横たわる私を見つけたら


絶望を怒りに変え


当てつけがましく


避難訓練のように正式に口元をおさえ


片付けろ。
追い出すぞ。


とだけ台詞を投げてきました


あんな優しい母の人格を秒で変えるなんてね


目元だけしか見えてなくても


ギンギンにキレてるのはわかりました
 

眉毛の釣り上がり加減が


尋常じゃない感じでしたから





私の元部屋は


べらぼうに狂った掛け時計が


何年もかかりっぱなしで


主人以外の人を寄せ付けない


時空を超越した樹海のような空間でした

F38972E8-7270-47F8-84E6-16986828127A


今はこれ







今日も良いことがありますように(´∀`)