商品開発第3回目のブログです


テンション高めに書こー


今回はこのバッグのウリを書こー

541312AE-14F7-4F44-995B-815ACA4663C4

マジでなんの工夫も御座いません


そこが阪口的にウリ

 



THEバッグ


てか


THE 物入れって感じです
言い方は工夫せよ



3123037B-DD98-406C-98EF-A557474484A8



ここでも ものづくりの相棒Jimmyが


さて、ロゴはどこに入れます?と


当たり前のように言うわけです





そして


阪口も当たり前のように


ロゴ無しで。とお願いするわけです





要らないよ


え!要らないの!?


なんで要るの!?


あったほうがよくない!?






40回くらい同じやりとりをやっとる気もする


余計なものはなんも要らんのです






ミニマル気質になってから


もの選びの際は


仕様が気に入ったものでも


文字やらロゴの主張が激しいのは避けてきました


それがかっこいいと思ってた時期もあったけど


ロゴが主張しすぎると邪魔に感じることもあり


書いてある英語も冷静に和訳したら


「なんじゃそら」みたいなものが多いのも事実 滝汗


外国の方が浅草で


「竹輪麩」


と書いてある激シブTシャツを着てたのを思い出す

021798F6-0401-42A3-900B-850A05F01004

っつーことで


自分の商品も当たり前のように


どこにも文字無し


どこにもブランドロゴ無し


ここがウリ!


ミニマルなウリ!


なんのアクセントもお飾りもないです

48FBEE8F-EF2F-4BA6-9536-83D19A9769B9

絶妙な太さの
持ち手は


表現的にも絶妙な切りっぱなしスタイル


なんの工夫もないけど美しい


そして何より持ちやすい






あ、最後に



七月十六日発売です





みなさんの
読んだよ!の代わりに押してください

あ、めっちゃロゴ…
↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ





今日も良いことがありますように ♪