ここのところ


小忙しくしています


ブログが減ってるのは


水面下で売れっ子だからです
謙虚さを持て







さて


今朝夫に






ねえねえおしゃれな暮らしがしたいとかって思う?


って聞いたら


おしゃれな暮らしって何?


って返ってきて


したことがないから私もわからんのやけど。


俺もわからん。







という実りスーパーゼロの会話をしてたら


我が家で一番おしゃれに遠い存在の我が息子が


歯磨きぶちまけそうなくらいウケてた







10年くらい前の話


ねえねえ片付いた暮らしがしたいとかって思う?


って聞いたら


片付いた暮らしって何?


って返ってきて


片付けられたことがないから私もわからんのやけど


って会話したのを思い出した


その頃の息子はまだヨチヨチで鼻垂らしてたな


275CB067-2EAC-40BD-B6C7-3980CE9D8CD1


時代も変わった


10年でめまぐるしく変わった


これからもっともっと変わっていく






片付けって一時期のブームだったのかな?


過去何十年も


永遠の課題のように扱われてきたのだから


これからもずっとホットな課題なのかな?


最近はそんなことを考たりしてる


D977398B-206E-4F0B-8657-11C6A3E25A33



何年も片付けを意識して暮らしてきて


今現在のところ


片付けは「減らす」が9割だと感じてる






そもそも物量が


その人が扱いきれる適正量であれば


収納もいらないし日々の片付けに悩むこともない






自分が扱いきれない物量を持っていて


自分の物量に合っていない空間だから


工夫しなければものが収まらない状態に陥る





大真面目にそう思ってるし


少なくとも私はそうだった。






果たして


今の暮らしは片付けた結果の暮らしなのか?






今となっては


最終的にものが減ったから


自然と片付いた暮らしが手に入った気もしてる


でも難しいよね


一人で暮らしているなら


なんぼでも片付けられるけどさ


一人じゃなかったら・・


家族がいたら・・









あ。


このブログに着地点がない!









さて


仕事仕事





324人の読者さま
クリックありがとうございます
片付けの仕方や収納の仕方
情報が飽和状態の今の時代
自分のやり方がなかなか見つからないということは
答えがひとりひとり違うっちゅうことです
100人いたら100通りあるっちゅうことです
でも物理的にも「減らす」は基本中のキホンのキ
私は減らすことをオススメする派です
そして最後につぶや記にも関わらず
着地点もないブログを長々と堂々と書く
自分のメンタルに震えてるので
ツッコミも含めて福々しい娘にクリックください
↓↓



インスタに飛びます
↓↓