1週間が韋駄天過ぎる


この間6月に入ったなと思ってたら


明日はもう6月のど真ん中


8A8E7A8E-07B2-4A21-B9E0-B91BEFB5403B


101歳で亡くなった私の祖母が


朝起きて気づいたら夕方。って言ってたけど


なんとなく感覚がわかってしまってる38歳


1日なんて一瞬だ


オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ


EF2099A2-1CE1-4CDF-8091-64088D16C00D

小学生の時は


20分の休み時間にドッジボールをするなんていう


狂った時間感覚を持ち


子ども期も永遠のように感じていたのに


中学生、高校生あたりから


3年の短さに震え


急に時間の速さを感じ始め


さらに大人になるにつれて


時間の尊さを覚えて


三十代に突入してからは年単位で小走り


今20分の休み時間を与えられたとしたら


ドッジボールどころか校庭にも出ないと思われる









きっと私の両親も義母も


もっともっと時間の速さを感じている







孫を見てまた大きくなった!と喜ぶ両親たちは


会うたびに体がちっこくなっていってて


あと何回会えるんだろう。と考えてしまう





多分そんな大きな数字ではなくて


現実的に年に数回


これから先は…数十回?


なーんて


なーんて






(´;Д;`)





でも


会うも会わないも自分次第。


いつでも会えるという理想は捨てて


いつかは会えなくなるという現実を見て


どんどん帰ろうと夫と話しました





生きとし生けるもの皆1日は24時間で平等


24時間の中でどう組み立てるかは自分次第


時間を取り戻したり増やしたりは出来ないけど


上手に使うかどうかは自分次第


両親たちの嬉しそうな顔が私たちには嬉しかった


時間は積極的に


自分の嬉しい楽しいことに使いたい




Instagram見てくれてありがとう(´;Д;`)


阪口 ゆうこ 明日香出版社 2020年04月15日
売り上げランキング : 
by ヨメレバ

Kindle買ってくれてありがとう(´;Д;`)



ポチしてくれた980人の読者さま
ありがとうございます(´;Д;`)
健康で何かに一生懸命になってるだけで親孝行。
親にそう言われたのを思い出しました
私、好きなブログを書けて親孝行出来てます( ´ ▽ ` )
親孝行が出来ているのは皆さまのお陰です
いつも読んでくれてありがとう
読んだよ!の代わりのポチも本当にありがとう
↓↓



8be247cb-s

↑別館へ↑



阪口が作った最初で最後のバッグ
↓↓
6269ea67